[用語集]PING

[用語集]PING に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

PINGとは?


ping(ピング、ピン)はTCP/IPネットワークにおいて、ノードの到達性を確認するツールである。pingではリプライが返ってくるまでの時間や応答率から、対象ノード間のラウンドトリップタイム(RTT)やパケットロス率を求めることができる。これらは対象ノード間の回線状況を知るため重要な情報である。


pingの歴史
1983年12月、当時アメリカ陸軍の弾道学研究所(Ballistics Research Lab)に所属していたマイク・ムース( Mike Muuss)氏が自身の管理するネットワークでのトラブルシュート用にプログラムを書いた。そのプログラムの挙動が潜水艦などで使われるアクティブソナーの発する音波(=ping)の挙動と似ていることから、pingと名づけた。後にNTPを開発したデビット・L・ミルズ(David L. Mills)氏により”Packet Internet Grouper (Groper)”、別の人より”Packed Internet Gopher”(ここでのGopherはIT用語でのGopherではなく、齧歯目のGopher)というバクロニムを授かっている。

インターネットの接続性の問題の”診断”にも有用なpingであったが、2003年末、Welchiaのようなpingをネットワークにフラッドし標的を探すタイプのコンピュータウイルスが出現したり、悪意を持ったユーザが攻撃目標の調査やネットワークに負荷をかけるなどの目的でpingの悪用を行ったため、一部のISPでICMP Type 8(echo request)パケットがフィルタリングされるようになった。


参照⇒ Wikipedia



情報商材整備!ブログアフィリエイトで月50万稼ぐ方法■TOPへ







スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。